FC2ブログ
鰈らいす 釣行記
鰈らいすの釣行記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
私の職場は明日から「年に一度のお祭り」です。

そういうわけで今日は珍しくちょっと暇ができた鰈らいす。
先日仕掛け(勿論カレイ)作りをしながら考えたことを書き込んでみます。
皆さんお考えを聞かせてください。

カレイ仕掛けの長短、飾りの効果。
諸説ありますね。

やっかいなのは、どれを使ってもカレイは釣れる! ということです。

以前オイカワ釣りをしていて、魚種によっては特定の色が極端な効果を上げるという事実を知りました。
赤やオレンジの玉うきを使うと、魚が争ってつつきに来ます。餌そっちのけで大騒ぎです。
びっくりしましたね。
ホンモノの餌よりも魚を惹きつける「色」があり得るなんて。
ところがっ!
黄緑の玉うきを使ったとたん
魚たちはパニックを起こし、一瞬のうちに隠れてしまいました。
「上流から流れてきた木の実」に似ているから、一番警戒されないと思っていたので、実に意外でした。
蛙だと思ったんだろうか。

魚に色の識別ができるかどうかを問題にすることがありますね。
その場合問題なのは
「人間と同じように識別できるか」
ではなく、
「その魚が色の違いをどのように認識しているか、そしてその違いが、その魚にとってどのような意味を持つか」です。
オイカワの色彩識別能力については知りませんが、オスの鮮やかな婚姻色を見ても、彼等が彼等なりの方法で色を識別していること、色が彼等にとってかなり重要な意味を持つことは確かだと思われます。

以前熱帯魚を飼っていたとき、カレイ仕掛けの飾りを垂らしてみたことがあります。
もの凄い勢いで寄ってきたのは、
「ベラ」タイプの魚。
他にも興味を持って集まってくる魚が多く、無反応、又は忌避する魚はごく限られていました。
ただし、集まってきた魚たちも、一定の距離まで来ると、それ以上は近寄らず、じっと観察しています。
魚が全長1~4cmの小さな魚だったこともあるでしょう。
もし飾りに餌をつけておいたら、多分食べていたと思います。推測ですが・・・・・・

要するに
特定の色が、特定の魚にとって、特に重要な意味を持つと言うことがあり得る。
したがって飾りが魚を寄せる効果を持つことはあり得る。
その効果の強弱は魚種によって様々である。

ということのようです。ま、当たり前かな。
さて
カレイの反応はどうなんだろう。
フグやベラより早いとは考えられません。
無反応なんだろうか。
実験してみないとわかりませんが、
水族館での彼等の様子と
「秘技・バッカン生かし」で観察した結果では、活発に動き回る魚ではないことは確かです。

カレイの感覚器官は「特に飛び抜けて発達したところはないが、バランスが取れている」そうです。
強いて言えば、砂に埋もれて、目だけ出してきょろきょろしているところを見ると、
視力に頼る部分が大きいのかな? という印象があります。
ただ測線はかなり発達していて
小さな水流の変化、低周波の音を敏感に感知することが知られています。


そこで結論。

潮流が比較的緩く、餌取りが少なく、遠投の必要がない場合、
カレイが好むと思われる(つまりカレイに「餌」を連想させる)色、形態を持つ飾りを付ける。
段差仕掛けにして目立たせる。
低周波の音を出す飾りを付ける。
仕掛けが水中で動きやすいよう、浮力のある飾りを付ける。
仕掛けが潮流に反応しやすいよう全長を長くし、カレイの測線を刺激する。
仕掛けをさびき、カレイの側線を刺激する。

などが考えられます。
飾りがカレイの「ツボ」にはまれば、つけないより良い結果がでる可能性はあります。
「ツボ」があればの話しですけど。

激流の釣り場、餌取りが多い場合、遠投の必要がある場合
仕掛けの全長を短くする。
餌取りを寄せないために
飾りを省く。
餌取りが忌避する飾りを付ける。
モトス、エダスに、水中で乱反射しない材質を使用する。

事が考えられます。
結局、状況によって使い分けるってことですね。

うう~ん、さんざん書いたあげく、なんて平凡な結論なんだろう。
でも消すのももったいないからこのまま載せてしまおう。

私自身は最近、
「飾りなんてあってもなくても結局同じかも」と思いつつ、飾り付きの仕掛けも作っております。


さてと

生涯初、ひょっとしたら最初で最後の「午後の釣行」は
木曜日に決まりました。

ちょっと天気が心配だけれど
少しくらいの雨なら勿論行っちゃいます。
仕掛けも色々試すつもりです。

どうなるかな~


スポンサーサイト
page top
10月25日。
今秋2度目のカレイ狙いの釣行です。

我が女神、岸本釣具店おばちゃんによれば、
蓬莱町がかなり好調らしい。
かなりの数を釣っている人がいるそうです。
また
おばちゃんとこで久しぶりに会った「キャスターN野」さんの話では
西護岸でも釣れているらしい。

でもっ!

あくまで安易な道を行くのが私の生き方。
車横付けのいつものポイントに出かけます。

さて、当日の時合いですが
「絶好の時合い」が1時間半。
「有望な時合い」を合わせても2時間半。
あと
「一応可能性が無くもない」時間帯があるけれど
1シーズン5回の釣行で、1枚釣れるかどうかという程度なので・・・・・・
あまりあてにはできません。

そういうわけで今日は
 
「短期決戦!」だあっっっ!

キャスト開始!
夏頃からイメージしていた投法を試します。
二~三投すると、結構上手くいくみたい。
今まで出なかった距離が出ます。
引っかけ気味になりがちで、
まだまだ不安定だけれど
方向性が見えてきたかも。
何とか新投法、この秋の内に完成させたいものです。

 
さて、釣果ですが、
この日はポイントがやや遠かったようで、
そこそこ距離が出たのが幸いしました。


「絶好の時合い」には

29cmと32.5cm。

「有望な時合い」には

30cmをゲットできました。


刺身、煮付け、唐揚げ。全部揃って大満足。
煮付けも今回は上手くいきました。刺身共々大好評。
まあ良かった。
おいしく食べられないと、カレイに申し訳ないですもんね。

さて
次回は出張の関係で、
平日午後の釣行になりそうです。

ジツは、投げ釣りで「午後の釣行」は生まれて初めて!
夕方の時合いってヤツを味わえそうです。
いや~、どんなだろう!
何だか今からコーフン気味です。


page top
10月11日(土)、カレイねらいで出かけました。
午前中の釣りです。
・・・・・・・
・・・・・・・・
息子の塾の送迎の間に、ちょこまかとエギングはしていましたが・・・・・・

久しぶりの釣りです!

やっぱり海は良いな~
ストレス解消には投げが一番!

カレイですが
今年は秋が早かったので、釣れると踏んだ。
K本釣具店のおばちゃんも、ぼつぼつ釣れているとのこと。
蓬莱町が好調らしい。
でも
「楽な道を行く」のが私のモットー。いつものポイントに向かいます。

今日は早朝が時合と見た。
投げる!投げる!投げる!
春にはなかったシモリを発見。その周辺を狙います。
いきなり爽快なアタリが連発!
チャリコの猛襲です。
今度は重いぞ!
マダコだァ~。

カレイはなかなか釣れてこない。
そろそろ時合いも過ぎるかという時、やっと来ました。
33cmでした。

・・・・・・・・・・・・

時合いも過ぎてすっかりダレてしまった鰈らいす。
9時頃には疲れてしまって飛距離もがた落ち。キャスティングもすっぽ抜け気味。
ブランクが長かったから、仕方ないですね。

Dainanaさんがお嬢さんたちと偵察に来られます。
巨大な餌木バックを腰に、エギングをされて帰って行かれました。
・・・・・・
ますますダレる鰈らいす。
・・・・・・ 
後で気づいたんですけど昼前にもチャンスはあったはず。
集中力を欠いたことが悔やまれます。

でも、それなりに面白いこともありました。
マダコを又釣りましてね。

数日前、マダコが二匹登場する夢を見てたんです。
ちょっと不思議。

それと
「ごんずい」
「うみけむし」
生まれて初めて釣ってしまった。
ちょっとびっくり。

ま、次回頑張ります。
アオリイカもサイズがよくなってきましたね。
3.5号に切り替えようかな。






page top
Copyright © 2005 鰈らいす 釣行記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。