FC2ブログ
鰈らいす 釣行記
鰈らいすの釣行記です。
11月29日(土)

カレイ狙いでは今秋5度目の釣行です。

この時期になると、釣り場選びは天候(特に風)とのかねあいですね。
今季絶好調のマイポイント。
でも季節風にはめっぽう弱い。
雷、雹、突風・・・・・・・釣りにならないことがしばしばです。

当日の予報は
午前中 晴 午後やや荒れ模様。
9時までは弱風。12時は強風。
金曜日が荒れ気味であったことを考えれば、「大気の状態は不安定」と見るべきでしょう。

マイポイント、回避決定です。未練はありますけど・・・・・・

さて、ではどこへ行こう?
風向きの予報は「西」
となると
A港かB港です。中讃の港です。
どちらもほぼ真東に向かって投げるので西風は追い風になってくれます。
運河状になっているところで、船道狙い。遠投有利。
しかも
足場が理想的によい。
キャスティング練習にも最高。

今回はA港に決定です。

(港湾部は立ち入り禁止の所もあるのでポイント名は明記できません。申し訳ない。)

6時頃、キャスト開始。理想のフォームを模索しつつ、投げる!
結構好調。振り出し竿、ナイロン3号でほぼ4色飛んでくれます。私としては上々。
そのわりに並継ぎの距離が伸びない。ハイドロマックスは飛距離の面では不利なのかも。
少しずつフォームの課題がハッキリしてきます。これはうれしい。
この分だと次回には、昔のキャスティングフォームを取り戻せるかも!

嬉しくないのは天候です。黒~い雲が西から・・・・・・
断続的に強い雨が降ってきます。

港湾部での釣りは時合いがあまりハッキリせず、アタリも小さい傾向があるように思います。

そんな中、早くも明確なアタリ! カレイを確信しますが

しがない「グチ」でした。私のテンションを最も下げてくれるお魚です。
帰っていただきます。

それでも満ち3分、やたら元気な29cm。
満ち5分には23cmのオス(針を飲み込んでいたのでキープ)と、31cmが釣れました。

10時過ぎるといよいよ荒れてきます。
断続的な雨!
突風!
西というより北西の風です。うまく西風に乗ると飛んでくれますが、難しくなってきました。

満ち八分、最後に追加したのが
 

08112933cm.jpg

おなじみの

33cmでした。

まぜさんが38cmを釣ろうと
Dainanaさんやしゅうじさんが37cmを釣ろうと

私はもうこれでいいです。すがすがしい気分です。

当日は船道の最深部が良かったようで、
飾りを控えた短い仕掛けで遠投した竿にだけ釣れました。

この秋は釣行5回でカレイ11枚。うち8枚が30cmオーバーでした。
満足です。

釣行できるとしても次は12月中旬。
オスの数釣り狙いですね。

スポンサーサイト



page top
11月15日土曜日。

いささかお疲れモードの鰈らいす。
それでも3時半に目が覚めた。

お約束の「土曜日の午前中」
いつものポイントに出撃です。

ところがっ!

午前5時20分のことでした。
忘れかけていた不吉なあの音が・・・・・・

聞こえてきたアアアアアっ

底引き漁船が
目の前のポイントを
網をズリズリ曳きながら
通っていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

帰ろっかな~。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ポイント移動すべきだろうけど、
めんどくさい。

ま、私の狙いは網を曳いていった沖の辺りだし、
底引き網を曳いた跡に魚が集まると言うこともあり得る。

このままやっちゃおう。
要するに面倒くさい。今日はしんどいのである。

さて今日の潮ですが

最も釣れる時間帯と
最も釣れる潮時が
きっぱりズレておりますね。

ま、潮止まり前後をメインに狙うしかありますまい。
西への流れが緩み始めるのを待ちます。

西側で釣っていた青年が移動してこられます。
潮が速くて釣りにならないとか。
ホント「好青年」って感じです。

「そのうち止まるでしょう。だいぶ緩んできたんじゃないですか」
等と声をかけていると、

一本だけ流されていない竿があります。
思ったより早く
来ましたね。

0811150740.jpg

お約束の
33cmです。
32.9cmでもなく
33.1cmでもない
33cmです。

何だか腹が立ってきた。
後でやってこられたDainanaさんの話では、西のコーナーで40cmオーバーが出ているとか。
確かに出そうなポイントですが、
難しい。楽には釣れないところです。

こうなったら35cmオーバーを釣ってやる!
と力んだのが悪かった。

満潮前の時合いを待たず
餌切れです・・・・・・・・・・・・・・・・。
 
最後の大アタリ、カレイを確信したのですが
「ベラ」

この日は餌取りも多かった。

餌代けちっちゃいけません。

ところで

この日お目に掛かった青年は
Dainanaさんのお知り合いの「ビギナーさん」でした。

こうやって人の輪が広がっていくのは嬉しいですね。

さて次回は・・・・・・
オスの数釣りか
ラストの大型メス狙いか
どっちにしようかな?





page top
いやあ、感無量です。

投げ釣り始めて11年目、カレイ狙いでは104回目の釣行になりますが、
ほとんど全てが「土曜日の午前中」
午後からの釣行は
「初めて」であります!

一度夕陽に向かってキャストしてみたかった。
でもいつもの釣り場に行ってみたら
夕陽は真横に沈むのだった。

まあ、いいでしょう。
天気も持ちそうだし、
のんびり出来そうです。

いつものポイントでたこを釣っている人がいたので
少し西側に陣取ります。
平日でも結構人はいるものですね。

12時40分頃、 キャスト開始。

新投法、私の体はすっかり忘れ去っていました。
元の木阿弥です。

今度はイケると思ってたんですけど
仕方ありませんね・・・・・・
あんなに飛んだのに・・・・・・
ちょっと落胆。

今日は小潮です。
潮位差自体はそれなりにあるけれど、
満潮までの時間が随分長い。ここではあまり潮が動きません。
ちょっと動いて、止まりかける、とまっていて、ちょっと流れ始める。
それが結構不規則なんですけど
しっかり流れる時間もありますから
その辺を狙うしかありません。
ま、とりあえず満ち始めから狙いましょう。

さて、投げてみるとそこそこ流れがある。チャンスかも。
と思っているうちにアタリ、アタリ、アタリ!
タイの赤ちゃん、でっかいベラなどが次々に上がってくる。

それに混じって非常に明快なカレイのアタリ。
33cmでした。
結局この時間が一番活性が高かった。

でもその後流れがほとんどなくなり、
アタリもすっかりなくなりました。

たこ狙いの人たちも帰っていかれます。

予期していた時間になると
漸くの事で、沖に弱々しい潮目が出来始めます。
手前のよれているところに投げ込みますが
あまり飛びません。アタリもありません。
最大のチャンスと見込んでいた時合ですが、フグ一匹が釣れただけ。
でも
えさは無くなっているので
魚の活性はそこそこ上がっているはず。
納竿ぎりぎりまで、チャンスはある。

最後の一投、投げ終えて待つ。
30cmが釣れてくれました。

当日のカレイは2匹とも3色チョイのポイントでした。

・・・・・・・・・・・・
新投法、ほんとに身につけるなら、キャスティング練習するしかないでしょうね。
でも、そんな時間があるなら、釣りするだろうな~。

もうひとつ。
今日は振り出し竿の一本の道糸に、ハイドロファイン1.5号を試してみました。
ハードコーティングしたPEラインですが、糸がらみは全く無く、不安無くフルスィング出来ました。
私のリールはQDで、クリックリーフスプリングは「巨キス」用に交換していますから
ドラグフリーのすべりが非常によくなっています。
PEにしても食い込みには問題ありません
ナイロン3号に比べれば飛距離はかなり出るから、耐久性に問題なければ使ってみようと思います。

まあ、よかった。午後の釣行、楽しめました。

次の釣行は15日です。

page top
Copyright © 2005 鰈らいす 釣行記. all rights reserved.