FC2ブログ
鰈らいす 釣行記
鰈らいすの釣行記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 管理人
アオリイカの引き釣り
DATE : 2009-07-20-Mon  Trackback 0  Comment 6
キスの引き釣りをしていて、アオリイカが掛かる事があります。
今年も二度ほどありました。

以前、足下まで寄せたことがあります。
でっかい親イカでしたが、
玉網も何も持っていなかったので、獲る事はできませんでした。
抱きつかれていたキスに咬み跡はありませんでしたが、
鱗がすべて剥がれ落ちていました。(怖)


で、考えたんですが
「アオリイカの引き釣り」ってどうでしょう。

遊導天秤とドラグつきのリールを使い、遠投する。
餌には釣れたキスなどを使う。

置き竿にするより、探れる範囲は広いし、
引き釣りだから、キスが死んでいても何とかなる。

いっそのことエギを使っても良いかも。

とにかくエギングより遙かに飛距離が稼げるから、結構いけるんじゃないかと思っています。



キャスティズムを持っていると、色々試してみたくなってきます。
なんか自由な気持ちになれる。
面白い竿です。

来年やってみようかな。
スポンサーサイト
page top
何だか当分釣りに行けそうもなくて、凹んでいる鰈らいすです。

エダスとかハリスとか、一杯作ったんだけどな~。


で、そのエダス、ハリスに使う糸ですが、
最近こんなのを試しています。
P7120019.jpg
ワタシの場合、カレイ釣りにはポリエステル系の糸は使いません。
ポリエステル系の糸は乱反射がキツイ。
その乱反射がフグを寄せてしまうと考えるからです。

でも、キス釣り用のエダスは、やはりポリエステル系が使いやすい。
そこで愛用しているのが

ホンテロン・キススペシャルとスーパーホンテロンです。

キススペシャルはかなり濃いめのピンクに染色されており、乱反射が抑えられています。その分フグを寄せにくいと考えています。
ただちょっと張りが強すぎるかな、と思わなくもない。
一方
スーパーホンテロンはホンテロンよりしなやかです。その分食い込みが良さそうに感じられます。
でもクリアしか手に入らない。
この両者でダメなら
しなやかで、乱反射の少ないフロロ。
今まではそういう段取りでした。


で、この糸ですが・・・・・・

堅い! 強い! が売り文句なのに、意外としなやかでした。

糸それ自体はスーパーホンテロンと同等品のようです。
しかも、ピンクに染色されています。

ただ、惜しいかな、キススペシャルよりかなり薄いピンクで、乱反射を抑える効果は余り期待できないようです。
ま、仕掛けが絡んだときにも、エダスに色がついているとさばきやすい。
それだけでも助かります。
緑やブラックもあるようなので、乱反射を抑えるという点ではそちらの方が良いかもしれません。見付けたら使ってみようと思います。
あと、「ソフトスプール」というヤツですが、コンパクトで、糸がばらけなくて、なかなか良い工夫だと思いました。

要するに・・・・・・結構気に入っています。



page top
7月4日土曜日。調査中の新ポイントへ出撃しました。
今回は新兵器A、Bを携えての出撃であります。楽しみです。

というわけで5時前にはポイントについたのですが・・・・・・

「コレはダメかも。」

濁ってます。
いつもはたくさん見える小魚たちも全く見えません。
とりあえずキャスト。新兵器Bのおかげで足下を気にせず投げられますが、肝心のアタリがありません。
蛍光玉をつけてみますが、変わりなし。
やっと2回ほど、明らかに良型の明確なアタリがありましたが、

乗りません。

どうもここに来るとこういう事が多い。どうして乗らないんだろう。
針を換え、仕掛けを変えて対応しますが、アタリがない。
やっと21cmを釣りましたが後が続かない。

気が付くともう六時近い。
今日はチーズ焼き用に15cm以上を21匹釣るのがノルマです。
このままじゃ無理! 移動です。

大型のキスを狙うのには、矢張り置き竿の方が良いのだろうか?
引き釣りで大型を狙う場合には、何か特別なテクが必要なのだろうか?

課題が残る釣りでした。
そういうわけで新ポイントの写真、今回はありません。ごめんなさい。

さて、やってきたのはいつもの洞門下。
もう7時過ぎです。頑張ろう。
浜の東半分は釣り人で一杯。西のポイントに入ります。

新兵器Aでキャスト!
満ち潮なのでモトスはフロロ3号。
ピンを避けるため、また、リリースしやすいように、フトコロの広いジャストキスの8号を使います。
3~4色の境目辺り、2色ラインで好調にアタリが続きます。
前回もそうだったんですが、15~18cmクラスが多い。例年よりサイズがいい気がする。
リリースとキープが・・・半々くらいだったかな?
結局
P7040019.jpg
15cm~21cmを24匹キープして、9時半頃、納竿です。
チーズ焼き、一人8枚になってしまった。一寸多すぎました。
次回はあっさり系の新メニューを考えよう。


さて、
今回導入の「足場の悪い釣り場用」新兵器ですが
この方々です。
P7050020.jpg
新兵器A キャスティズム30-385
新兵器B タフブーツ
キャスティズムですが、20cm短いだけでも、足場の悪いところでは取り回しがかなり楽です。
それに
スカイキャスターとは又違った個性がある竿のようです。
両方とも変に神経質なところがなく、とても投げやすい竿ですが、
スカイキャスターは
「優れた才能を、余り表面に出さないようにしている御嬢さん」
という感じです。
長くつきあっても疲れません。
キャスティズムは
「優れた才能を、ことさらに主張するような下品なことはしないけれど、かといって特に隠すこともしない。持てる力をためらうことなく発揮するタイプの御嬢さん」
という感じです。

アタリも、反発力も、キャスティズムの方が明確に出る感じです。意外に個性の違いがあるように感じました。




page top
Copyright © 2005 鰈らいす 釣行記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。