FC2ブログ
鰈らいす 釣行記
鰈らいすの釣行記です。
10月17日土曜日。カレイ狙いで釣行しました。
大潮の初日。余り結構な潮回りではありませんが、贅沢は言えません。
この日のチャンスは朝の内のみ。それも前半、後半に別れて
前半、の方が期待大かな。
と考えつつ釣り場に着いたら・・・・・・

ショックウウウウウウウウウウウ!!!!!!

マイポイントに人がアアアアア!!!(「妖星のユダ」風にお願いします)

しょうがないので東側に入りますが、この時点でテンションがた落ちです。
初めて入るポイントなので、とりあえずシモリをさぐります。

3色付近に大きなシモリ。投げれば必ず錘がとられる。

でも、シモリがあると言うことはチャンスがある。

シモリ周辺と、沖の潮目に投げ込みます。
良い感じでポイントに入っています。
で、


その結果発表です!

朝前半大活躍してくれたのは・・・・・・「カワハギ」君。
もの凄く上手に餌をとってくれます。
時々針掛かりして上がってきますが、小さいですね。
周辺でもカワハギを釣り上げている人がいましたから、相当群れていたんでしょう。

次いで後半、カワハギ君を遙かに上回る活躍を見せてくれたのが
「ベラ」君です。
いやあもう釣れるのなんの!
投げても投げてもベラ、ベラ、ベラ!
25cmクラスも混ざります。
すれ掛かりも多いです。餌のまわりにベラが群れてるんでしょうかね。
その合間に、キス、鯛の赤ちゃん、変なハゼ、メゴチ、フグ。
そう言えばイイダコは見かけなかった。今年は少ないそうですね。

忙しかった。
暑かったし・・・ 日焼けしてしまった。
引き釣りしたら面白かったろうな。

で、時合いが過ぎたらな~んにも釣れなくなって、あえなく終了です。

この「ベラ」
かなり大型が釣れていて、丸亀周辺では注目されています。
釣具店のおばちゃんや、通りがかりのキャスターの方とも話題になりました。
ワタシも24、24.5cmを持ち帰って塩焼きにしましたが、結構おいしいですね。

PA170025.jpg

一方カレイですが
マイポイント周辺では、島の東側で釣れているようです。
偵察に行った人の話では、この日も一枚釣れていたそうです。
西側では1枚も釣れていませんから、やはり東岸有利なのでしょう。
先週は一人で5枚釣った人もいるとか。
ただ、場所取りが大変らしく、ワタシのポイントに入った方も、島の東側に入れなかったのだそうです。

今後の展開ですが
20日の中潮辺りから釣れてくるだろうと思っています。
来週末は中讃各ポイントでそこそこ釣れ出すんじゃないでしょうか。
ただ、
ベラ、カワハギ対策はお忘れ無く。
スポンサーサイト



page top
10日土曜日、昼前の3時間ほど、空き時間ができました。
で、
新戦力「サーフリーダーEVーSF CX-405」の試投に出撃です。

カレイの様子見も兼ねて、自宅直近の多○津港フェリー乗り場に来てみると、
意外にもカレイ狙いの釣り人が二人もいらっしゃいます。

河口付近にいた方は
「台湾リールと手投げで投げ釣りを始めた」とおっしゃるベテランでしたが、
「ハゼも釣れん」とのこと。
ここはハゼ釣りの名所なんですが・・・。
水門工事の影響だろうか?

岸壁北端で3~4色投げていた方にも話を伺ってみると
「餌がそのまま帰って来よる」
で、アナゴ一匹。
「フグもおらんで」と言われます。
「フグもいない」なんてちょっと無気味。

蓬莱町辺りでは釣れ始めたという話を聞きましたが、
来週末もキビシイかな。
心配です。

さて、EV君ですが
7ガイドのうち元ガイド以外はハイスピンダーですから、
持った感じ、ちょっと鈍重なのは致し方ありますまい。

それより、ナイロン力糸を使った時の安心感と、糸の通りの良さに感動です。
絶対的な遠投性能は劣るにしても、
ナイロン力糸使用時の飛距離なら、PE(道糸+力糸)前提の上級機種に負けないと思います。
振り出し竿+10m近く飛ぶかな?

投げた感触ですが
反発した瞬間の手応えが明確で、
そこに快感と面白さがあります。
久しぶりに「シマノロッドの楽しさ」を感じました。

満足です。

と言うわけで、
十分試投を楽しんで帰ってきたのは良いのですが・・・・・・



手首がイタイ!

肘もイタイ!

シマノロッドは身体に負担がかかるのか?
それとも老化のせいなのか?

大丈夫なのか?! ワタシの身体?
page top
Copyright © 2005 鰈らいす 釣行記. all rights reserved.