FC2ブログ
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
鰈らいす 釣行記
鰈らいすの釣行記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 管理人
鰈らいす挑戦シリーズ第1回
DATE : 2010-05-20-Thu  Trackback 0  Comment 8
5月15日(土)、キス狙いで釣行しました。

以前から気になっていた釣り場がある。
やってみたかった事がある。

でも一度も釣行したことがないし、やってみたこともない。

そんな、ちょっと怪しい釣りに挑戦する

鰈らいす挑戦シリーズ

今回挑戦するのはこんな所です。

P5190045.jpg

荘内半島の、キス釣り場としても知られる浜。
その両脇の磯の、一方の奥にソコはある。

磯と磯に挟まれた小さなスポット。
息子が幼い頃、よく遊びに行った所です。
当時から、良型キスが釣れそうな気がしていました。
ただ
潮が引いていないと行けません。
潮位が150cmを超えると帰れなくなっちゃいますから気をつけましょう。

さて、当日早朝、干潮の1時間前から釣り開始!
ロッドはキャスティズム。PE0.8号+PE力糸。引き釣りで狙います。

第1投。
22cmが釣れました。
第2投。
23cmが釣れました。

だんだん大きくなってるぞ。
で、
第3投。と言う具合に、こういう所で釣り続けていたらどうなるか。
皆さんならおわかりでしょう。

良いアタリ! 重い! 寄せる! 藻場に引っかかる! キスが外れる!

第4投。
同じ!
第5投。
根掛かり!

潮位が下がるにつれて、藻掛かり、根掛かりが連発。
結局
おもり2個、PEテーパー力糸2本をロスして撤退です。

当日は素潜りの漁師さんがいたので差し控えましたが、
藻は湾状になった内側に密生していましたから、
磯の先端から投げれば取りこめたでしょう。
ただ、足場が悪いので、ポイントまで投げられるかどうか。

もう一つ。

テーパーライン一体型の道糸なら、回収率は上がっただろうと思います。

帰りに砂浜でも釣ってみましたが、釣れるポイントの手前にはやはり藻場があって、取り込みに苦労します。
20cmクラスがそこそこコンスタントに釣れますが、良型ほど藻場にかかるのが辛いところ。
なんとかおかず分を確保して、撤収です。

その後、室本港、洞門下でも釣ってみました。
ぽつぽつ釣れますが、型が小さい。特に室本港の不調には驚きました。
例年この時期でも結構釣れる所なのですが・・・・・・。
気温、水温とも低めだったからかもしれません。
ま、月末になれば大いに釣れるでしょう。

と言うわけで、鰈らいす挑戦シリーズ、記念すべき第1回は悲しい結果となりました。
でも

面白かった!

ああいう困難をクリアして、良型を手にする。
そういう釣りも、ムチャクチャ面白そうです。

挑戦してこそ、学べることがある!

ちょっと病み付きになりそうです。
次回も挑戦したいところがあるし
挑戦したいこともある。

しばらく挑戦シリーズが続くかもしれません。
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : 管理人
やるだけやってみよう
DATE : 2010-05-02-Sun  Trackback 0  Comment 6
5月1日、今春最後のカレイ狙い釣行にでかけました。

夕刻に仕事が入っているので、午前中の釣りです。

最後だからHGで締めたい、と言う気持ちが強くありました。
でも、当日は9時を過ぎると風が強くなりそうです。
マイポイントは風に弱い。
で、吹き始めたら西風用釣り場に転進する事にして、出撃です。
5時開店のおばちゃんの店で餌を購入し、現場に着いてみると・・・・・・

P5010038.jpg

「不法投棄防止のため進入禁止」
案の定です。
ここを進入禁止にしても、どうせ他の所に捨てるんでしょうが、
そうかといって捨て放題にさせておくこともできないでしょう。
根本的解決にはなりませんが、致し方ありますまい。

下間島の東に行かれる方は大変でしょうね。

マイポイントはそれほど遠くないので、てくてく歩いて釣り開始。
当日は、サーフリーダーやらスピンパワーやらプロサーフやらをそろえたキャスターがお二人、
西端のコーナー付近に。
駐車場近くにも完全装備のキャスターがおられます。
岸壁入り口近くには西に投げている方もおられて、久しぶりに結構にぎやかです。

でも、コーナー付近のお二人とワタシは、流れ藻で釣りにならず。
有望な西への流れを上手く釣ることができません。
駐車場近くでは、流れも藻もないけれど、何も釣れないとのこと。
結局
9時半頃には風が強くなり、北側に投げていた釣り師は全員撤収です。

さて、西風用釣り場ですが、遠くに行ってる時間はありませんし、
ワタシ的には中讃のA港かB港のポイントです。
運河状の港内の船道めがけて投げるのですが、
足場がよいし、西風が追い風になるので、よく飛びます。
当日選んだポイントのねらい所は4色付近の船道。
時合いは満ち5分。
着いた頃には時合いは去りつつあります。
大急ぎで投げる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2投目、かすかなアタリを巨鱚のドラグが捉えてくれました。
満ち六分でした。
大した締め込みもなく、軽々と上がってきたのは

P5010041.jpg

30cmに5mm足りないカレイでした。
ちなみに上の写真は水中映像。生かしバッカンの中で休息中(?)のカレイ君です。

やれやれ・・・・・・今年もやっぱり新緑カレイでした。

実は前日、いささか疲れ気味で、釣りは止めるつもりでした。
どうせ釣れないという気持ちもありました。
ところが朝3時頃目が覚めたら、風もないようだし、ちょっと元気が出て出かけてみたんですが、
まあ、とりあえず、何事もやってみるもんですね。
悔いを残さずにすんで良かったです。

さてこの日は宇宙軍マテ貝抜き大会だったんですが、皆さん楽しまれましたか?
マテ貝抜きは以前からやってみたかったんで、参加できなくて残念でした。

(カレイは煮付けにいたしました)。




page top
Copyright © 2005 鰈らいす 釣行記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。